武豊町武雄神社

【夏越の大祓】【七夕祭】

日、6月30日は大祓の日でした。

大祓とは、犯した罪や心身の穢れを祓い清めて、正常な本来の姿に戻るため行われる神事です。

6月30日を夏越しの祓、12月31日を年越しの祓とも呼びます。

つまり、今日は年に2回ある祓い日で、14時から武雄神社・16時から豊石神社にて大祓式を斎行致しました。




その後、当地域の慣例によりまして、武雄神社氏子地域の長尾部と豊石神社氏子地域の境目であります堀川にて

罪・穢れを引き受けた祓具を流して大祓式を納めます。
 



今回の大祓いには体を清め、夏を無事に越せるように祈願する意味もあります。

皆様も夏バテや夏風邪など夏に体調を崩されないよう十分お気をつけ下さい。


 

 

 

 

 


又、明日7月1日からは七夕様の竹をご用意してございます。



短冊に願いを書き竹にお吊るし下さい。

尚、7月7
日の
七夕祭は18時〜武雄神社にて斎行致します。

祈願済のお下がり(金平糖)
もお分かちしてございますので、ぜひお参りください。

 

 

 

コメント
コメントする








   
神社関連用語集
ページのトップへ